私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 大前信夫

 私たちの教団はキリスト教のプロテスタント(新教)に属します。
それぞれのプロテスタント教会には独自の歴史と信仰の特徴があります。私たちの教会は「ホーリネス」を名称としていますが、それは英語で神の聖さを意味し、イエス・キリストを人生の主として生きる時に与えられるいのちの輝きを表そうとしています。

 かつて私は生きる意欲のない者でした。どんどん人を避けるようになり、新しい朝を迎えることも嫌になっていました。そんな私の人生にイエス・キリストは訪れ、神の愛を表してくださったのです。そして、このイエス・キリストとの出会いにより私の毎日が大切なものになり、たくさんの「驚くばかりの恵み(アメイジング・グレイス)」を経験させてくれました。
 ぜひあなたもお近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(教会の住所等は「全国教会所在地」をご覧ください)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能
Youth Jam2021

日本ホーリネス教団の青年大会ユースジャム(YJ)の広報部です。 Youth Jamについてイベント情報、講師情報などを発信します。


対象:日本ホーリネス教団の中学校1年生(13歳)から39歳の信徒

宣教局


 

T&Mホームページ

 現在ホーリネス系の教団教派を中心に受講者が与えられ、延べで1100人を越える勢いで日本中に広がっています。T&M実施教会も50教会以上になりました。
聖書的で健全な教会を目指すT&Mは、内向きの体質から外向きの教会へと教会を刷新します。教団教派を越えて全国から救いの喜び声が続々と集まっています。
 教職だけでなく信徒の方々も多数参加されています。途中参加も可能です。すでにLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。リピーターも増えて各セミナーは常時40~60名になっています。
アフターコロナに備えて、あなたも参加してみませんか。
セミナーの新しいセッションが5月から始まります

第4回T&MLevel1
Zoomセミナー

T&Mの全体像を知っていただくために
毎週火曜日午後8時〜
5月11日~8月10日 全14セッション

 
第3回コーチング
Zoomセミナー

魂の導きと育成のために
毎週金曜日夜8時〜
5月14日~7月30日 全12セッション
 

教育局

 


説教勉強会

   

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

毎回のテキストに四コマ紙芝居が入りました。

聖書の光の注文

 
 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

6月

神さまも絶望を経験しているの?

 
わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか。(マタイ27:46)
 
 人生に絶望したことはありますか? 日々平凡な生活を送っている中でも、雪原に現れるクレパスのように深い闇を見てゾッとすることがある。孤独と死への誘いに吸い込まれそうになる。
 
 神と格闘している若者がいる。3才まで乳児院で育ち、養子縁組で新しい家族の下で育った。5才の時に発達障害と診断され、生きづらさを抱えながら生きている。「神は僕に生まれる苦しみと生きる苦しみの二つを与えた」。死にたいという魂のうめきはラップミュージックと出会うことで感情を表現することにより喜びや希望を見出した。某新聞の取材に「芸術は弱点を武器にできる。他の人が見ていない世界を自分の言葉で伝えたい」と話していた。
 
 病棟で小児癌になった8才の少女の深い孤独な瞳に出会ったことがある。学校へ行く。友だちと遊ぶ。家族と共にいる。健康な体で過ごすという何気ない日常が突然奪われた。
 
 イエスさまは十字架上で、「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」と叫ばれた。深い絶望から魂の振り絞るような叫びが聞こえてくる。父なる神さまとしっかり繋がれていた手がほどけて闇の世界に落ちていくような孤独を経験されたイエスさま。
 
 私たちが苦しみと格闘している姿は、みじめな姿・敗者の姿だろうか?いや、神さまは「すごいね、勇者だね」と声をかけてくださると思う。なぜなら魂は最も神さまの近くにあり神さまと対話しているのだから。
 
 神さまは私たちの叫びをしっかり聞いておられる。必ずや私たちの手をしっかり握り、闇の世界から引き上げてくださる。私たちの重荷を負ってくださる。その懐で休ませてくださる。主は魂を奮い立たせ、目に光を与え、命の癒しと祝福をお与えになる。
 

(「きぼう」6月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 

我は聖霊を信ず

 
「彼らに息を吹きかけて言われた。『聖霊を受けなさい』」(ヨハネ20:22)
 新型コロナウイルスの影響を受けて、多くの教会では、礼拝の形式が様変わりしたことと思います。新規感染者の増減により、出席人数の制限を設けたり、さらには集まることそのものを中止したりなど、状況に即した対応が繰り返し求められていることでしょう。このため、インターネットを利用して礼拝のライブ配信を行っている教会、あるいは説教原稿を印刷して配付する形で礼拝を続けている教会も多くあることと思います。
 
 このような形での礼拝が一年以上も続く中で、牧師としては、「果たしてこれで教会員の信仰が養われていくのだろうか」 「コロナが収束し、制限なく集まることができるようになったとき、教会はどうなっているのだろうか」という迷いや懸念といったものを抱いているのではないでしょうか。
 
 そのように迷いつつではありますが、たとえどのような方法や手段であったとしても、神のことばが説き明かされるとき、そこに聖霊なる神が生きて働いてくださって、聴く一人ひとりの心の内にみことばを届けてくださり、「アーメン」と応答する信仰を呼び起こしてくださると私は信じています。
 
 今から120年前の1901年4月、中田重治、カウマン夫妻らによってホーリネスの宣教が開始されました。そのホーリネスが大切にしてきた信仰は、みことば信仰と表裏一体となった聖霊信仰です。すなわち、みことばが語られるとき、そこに聖霊なる神が生きて働いてくださるという信仰でした。死から甦られた主イエスが、いのちを失っていた弟子たちに「聖霊を受けよ」と息を吹きかけ、新しいいのちに生かしてくださったように、今も主は、霊感された神のことばをとおして、信じる者たちに信仰のいのちを豊かに注いでくださると先達は堅く信じたのです。
 
 そのホーリネスの流れに生きる私たちは、コロナが猛威を振るうこのようなときにも、「我は聖霊を信ず」と告白し続けたいと思います。インターネットの向こうで、教会の方々がどのようにこれを聴いているのか、説教者には分かりません。しかし、神のことばが説き明かされるとき、そこに聖霊なる神が確かに働いてくださり、一人ひとりを生かしてくださると信じて、喜びの知らせを語り、また聴く務めに励む私たちでありたいと願います。

(「りばいばる」6月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
恐れるな、主が共におられる
     

「イエスは主」を基として

教団委員長 大前信夫

 
 お雪をかぶった山を背景に色々な花が一気に咲く美しさ、東北の春は格別です。この美しさは、冬の厳しい時を通るからこその不思議と聞きました。昨年度は教会の働きにおいても厳しい時となりましたので、この自然の不思議を新しい年度の働きに期待しています。

 この春に任地を異動された牧師たち、これらの牧師を迎えられた教会はどのように働きを始められたでしょうか。私たち夫婦も2年間の猶予を経て、ここ福島教会の専任となりました。前任地では最初の任命と合わせて21年間の働きで、その働きを振り返る機会が与えられました。この振り返りの中で、自分たちがなしたことではなく、与えられた経験こそが大切な思い出になっていることを覚えました。そして、それらの経験は、私たちの中にある教会の姿をいのちあるものとしているのです。

 教会は、イエスを主とする人たちが集められ、礼拝を行う共同体です。イエスを主とすることは礼拝の心に留まらず、生き方において表されるものです。この教会という共同体は人の集まりですから、それぞれ様々な違いがあります。それでもイエスを主として仰ぐから、教会はキリストの教会であり続けるのです。
 
 1986年、前任地の教会の主任牧師が執務室で倒れられました。最後の様子を医師に説明するために、私も搬送される救急車に同乗しました。救急車の中で、「私の声が分かったら合図して」との奥さまの言葉に、先生は意識が失われていく中で、上を指さしOKサイン、Vサインをされました。死を前にし、自分の置かれた状況を認識し、あるがままで受け入れ、さらに天国を指さしVサインをすることができる。私には忘れられない姿、死に勝利した姿でした。でもそれは最後だから取られた姿なのではなく、いつも自分を従とし、イエスを主として生きることに心を向けているからこそ……だったのでしょう。

 残念ながら教会にも問題(そのほとんどが人間関係ですが……)が起こり、教会生活や人生が複雑なものになることがあります。意見の対立の中で、自分の考えこそが聖書に根差している、自分の判断は誰が考えても正しいとの思いから動けないことがあります。そんな時、目をイエスに向けて、「私ではなくあなたが主です」と言い表すことができれば幸いです。このように、教会が教会のあるべき姿である時、キリスト者がキリスト者本来の姿である時、ほとんどの問題は解決できるのではと思うのです。

 「イエスは主」と告白する人が集う教会でありたいと願っています。 
 

(「りばいばる」視6 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
 
プロモーションビデオ  
 

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK