私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 島津吉成


 私たちの教団は、キリスト教の新教(プロテスタント)に属する教団で、全国に151の教会があります。
 「夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びが来る」。これは、聖書の詩篇30篇5節というところに記されているみ言葉です。夜の闇がどんなに深くても必ず明るい朝が来るように、神さまはどんな人に対しても希望の光を注いでくださると約束してくださっているのです。嬉しいことですね。
 ぜひ、お近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(私たちの教団の教会は、このホームページの中にあります「全国教会所在地」に掲載されています)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能

総務局

「7月豪雨災害について」

「7月豪雨」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げます。 

7 月3 日(金)から九州地方を中心に全国で豪雨、大雨が続いています。そこで、四国及び九州教区長に教区内の教会の被害状況を確認していただいたところ、教会も信徒の方々も被害はないとのことです。

(クリスチャン新聞記事)

「新型コロナについて」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてのお願い

LinkIcon【第13報】LinkIcon【第12報】
LinkIcon【第11報】LinkIcon【第10報】

(参考資料)

コロナ対策のためのNet配信

 K元牧師 検証報告

宣教局


 

T&Mホームページ

 

7月から第二回目のZoom によるT&M セミナーが始まっています。途中参加も可能で、すでに各地でLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。
①Level 1 Zoomセミナー
テキスト使用ライセンスを得るため
②ワンポイントZoomセミナー
T&Mを始めておられる方々や導入を予定する方々へ
③コーチングZoomセミナー
T&M訓練を効果的に行うために

教育局


 

説教勉強会

 
 

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

聖書の光の注文

 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

9月

起きて、床を担いで歩きなさい。(ヨハネ5:8)

 
 聖書を読んでいると、気になって心に留まる言葉があります。最近の経験を一つ書かせていただきます。
 
 38年も病で床に伏していた人の話です。おそらく生涯の半分以上を病に苦しみながら生きてきた人で、人生をほとんど諦めていたのではないかと思います。その人にイエス・キリストが、「起きて、床を担いで歩きなさい」と語られます。
 
 「起きて」と、力強い言葉を聞きつつも、気になったのは、「床を担いで」と、語られていることです。思うにその床は、彼の苦しみや恨み、悲しみで流した涙などが染み込んでいるものです。死の床と言ってよいでしょう。イエス・キリストは、その床を担いで歩きなさいと言われるのです。
 
 昨年、81歳で亡くなられた一人の牧師の葬儀を行いました。最後に訪ねたのは、亡くなられる一週間前です。ベッドに横たえている身体がとても小さくなっていて、死が近いと感じました。ご本人もそれを分かっていました。その厳しい中で、祈る時を持ちました。
 
その冒頭です。「主よ、K牧師を祝福してください」。私のために、そう、祈ってくださいました。私は、本当に驚きました。死が間近なのに、この期に及んでなお他者を祝福することに生きておられるのです。いえ、イエス・キリストの起こしてくださる力で、生かされていたと言った方が正しいかもしれません。深く慰められて祈っているのが、感じとれたからです。いま思うと、その牧師は、間もなく死ぬという床を担いで歩いていたのだと思います。
 
 床を担ぎながらも、希望をもって歩けるように、イエス・キリストが私たちをも起こしていてくださると言ってよいでしょう。
 
 どうぞ近くの教会を訪ねて、イエス・キリストのことをもっと聞いてみてください。

 

(「きぼう」9月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 

 

「コロナ禍にあって神と共に生きる」

信徒教団委員 柳瀬 香 
 
 昨年の今頃、今日のような混乱した状況の中にあることを誰が想像していたでしょうか。コロナ禍がなければ、念願の東京オリンピック開催が終わり余韻に浸っている中、次はオリンピックセンターでのユースジャム2021開催に向けての最終準備に取りかかっていたのではないでしょうか。けれども今、来年に延期されたオリンピック開催の実現も危ぶまれている状況の中、人と人との接触をできるだけ避け、ソーシャルディスタンスを気にして日常の生活もままならない、不安な日々を過ごしている方々がおられるのではないでしょうか。
 
 しかし、そのような中であっても、神さまは「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ二八20)と私たちを励ましていてくださいます。困難な状況下にあっても、神さまはあらゆる方法を用いて益に導いてくださるお方であると感じています。
 
 ユースジャム2021は、全国から青年たちが集まるオリンピックセンターでの開催ではなく、オンラインを使っての8月12~14日の2泊3日での開催となりました。具体的な内容は今後、青少年委員会やユースジャム実行委員会等で計画されていきますが、それを見越してのオンライン集会が6月から月に1~2回、7月からは月に1回第4日曜日の午後に開催されており、全国の教会から多くの中高生や青年たちが参加しております。先日の8月16日の午後には、オンラインキャンプが行われました。前半は、中高生と青年に分けて違う講師からメッセージを聞き、ともに賛美やゲームをし、最後は少人数のグループに分かれての交わりの時を持ちました。
 
 距離や様々な要因で日頃なかなか交われない信仰の友と、オンラインという手段を通して容易に交流できるチャンスを、神さまは与えてくださっています。もちろん、オンラインといっても問題がないわけではありません。何よりも直に集まる自由な交わりが一番だと思いますが、これからの社会は、新たな発想が求められる時代になると思います。集会や伝道の方法も、従来のやり方から大きく変化していくかもしれません。
 
 次世代育成プロジェクトの担当として係わらせていただき4年目になりますが、今までの働きを見させていただき、時代や社会の状況に柔軟に対応しながら、様々な企画や方法を積極的に取り入れ、子どもたちやクリスチャンファミリー、そして若者たちへの霊的サポートや励ましがなされていると感じています。
 
 なお、これらの働きのために引き続き覚えてお祈りくだされば幸いです。

 

(「りばいばる」9月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
使命に生きる主のしもべ
―キリストの愛の中で、仕える喜びに生きよう―
  

 
下に根を張り、上に実を結ぶ

教団委員長 島津吉成
 
 「ユダの家の、のがれて残る者は再び下に根を張り、上に実を結ぶ。」(イザヤ三七31/口語訳)

 私はこの原稿を、毎日、感染者がどんどん増えている状況の中で書いています。これからどうなるのか、全く予測がつきません。かなり長期にわたって忍耐の生活を続けることを、覚悟しなければならないのでしょう。それはつまり、今は「下に根を張る」時だということです。

1.祈りの根を張りましょう

 感染者が増えて来ると、どうしても私たちは不安になります。それは当然のことです。しかし、不安や恐れに圧倒されることは防ぎたいものです。

 そのためにも、祈りの時を大切にしましょう。祈りは、主との交わりの時です。聖書の御言葉を通して主からの語りかけを聞き、主がどんなに愛に富み、恵み深いお方であるかを味わいましょう。

 サタンが私たちを悪い思いの方に引っ張って行こうとするときには、「愛、喜び、平和」という御霊の声の方を選びましょう。パウロは「私のために祈ってください」(エフェソ六19)と言っています。どうぞ、牧師のために祈ってください。また、病んでいる人、助けを必要としてる人のためにも祈りましょう。主がそこに御業を行ってくださいます。

2.聖書の中に根を張りましょう
 
 聖書は、命の糧です。ウイルスのことで不安が広がる中でも、聖書の御言葉は、私たちにイキイキと生きる命を与えてくれます。
 
 今年3月の教団総会で、教団の公用聖書として「聖書協会共同訳聖書」が決まりました。この聖書に馴染む意味でも(もちろん、どの翻訳聖書でも構いませんが)、聖書の通読にチャレンジしてみませんか。新約聖書を毎日3章読むと、3か月で通読できます。今から始めても、今年中には終わりそうですよ。

3.「人とのつながり」に根を張りましょう
 
 感染を避けるため、外出を自粛する生活が続いています。一人暮らしの方は、一日中誰とも話をしなかった、という方もおられるでしょう。教会員同士、電話などを用いて声を掛け合いましょう。信仰の仲間づくり、祈りの仲間づくりに努めてみませんか。
 
 また、あなたの周りに、神さまからの平安を必要としている方はいませんか。今はたくさんの人を集めての伝道は難しい状況です。でも、救いを求めている人はいるのです。そのような人を牧師に紹介してください。牧師は感染防止に細心の注意を払いつつ、工夫して、その人をお導きさせていただきます。「時が良くても悪くても」、御言葉を宣べ伝えましょう。
(「りばいばる」視9 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
 

プロモーションビデオ  

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK