私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 大前信夫

 私たちの教団はキリスト教のプロテスタント(新教)に属します。
それぞれのプロテスタント教会には独自の歴史と信仰の特徴があります。私たちの教会は「ホーリネス」を名称としていますが、それは英語で神の聖さを意味し、イエス・キリストを人生の主として生きる時に与えられるいのちの輝きを表そうとしています。

 かつて私は生きる意欲のない者でした。どんどん人を避けるようになり、新しい朝を迎えることも嫌になっていました。そんな私の人生にイエス・キリストは訪れ、神の愛を表してくださったのです。そして、このイエス・キリストとの出会いにより私の毎日が大切なものになり、たくさんの「驚くばかりの恵み(アメイジング・グレイス)」を経験させてくれました。
 ぜひあなたもお近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(教会の住所等は「全国教会所在地」をご覧ください)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能

次世代育成


Youth Jam2021

日本ホーリネス教団の青年大会ユースジャム(YJ)の広報部です。 Youth Jamについてイベント情報、講師情報などを発信します。

対象:日本ホーリネス教団の中学校1年生(13歳)から39歳の信徒


こどもミニストリー
23日(木・祝日)
13:00~15:30
"体験オンラインCS礼拝
その方法と実践" 
~おともだちと一緒に礼拝をささげよう!~

宣教局


 

T&Mホームページ

 現在ホーリネス系の教団教派を中心に受講者が与えられ、延べで1400人を越える勢いで日本中に広がっています。T&M実施教会も50教会以上になりました。
聖書的で健全な教会を目指すT&Mは、内向きの体質から外向きの教会へと教会を刷新します。教団教派を越えて全国から救いの喜び声が続々と集まっています。
 教職だけでなく信徒の方々も多数参加されています。途中参加も可能です。すでにLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。リピーターも増えて各セミナーは常時40~60名になっています。
アフターコロナに備えて、あなたも参加してみませんか。

セミナーの新しいセッションが
9月から始まります

第5回T&MLevel1
Zoomセミナー

T&Mの全体像を知っていただくために
毎週火曜午後7時30分〜9時
9月7日~11月23日
全12セッション

第8回T&Mワンポイント 
Zoomセミナー

  T&Mの実践的な内容の紹介と
今回はレベル1を受講された方対象で、
牧会従事者訓練ガイドを用いた訓練方法を学びます。
毎週金曜 夜7時30分〜9時
9月7日〜28日
全4セッション

第4回コーチング
Zoomセミナー

魂の導きと育成のためのコーチングを学びます。
毎週金曜夜7時30分〜9時
10月1日~11月19日
全8セッション
 

教育局

 


説教勉強会

   

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

毎回のテキストに四コマ紙芝居が入りました。

聖書の光の注文

 
 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

神さまは本当にいた!

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。  (ヨハネ12:16)
 
 私はクリスチャンの家に生まれましたが、成長するにつれ、神さまを信じられなくなっていきました。学校の教科書で習うことと、聖書に書いてあることが矛盾していると思ったからです。そして高校生になったころ、ついに教会に行くのをやめてしまいました。
 
 転機はその二年後に起こりました。クリスチャンであった私の祖父が亡くなったのです。祖父は大変、頭の良い人で、私は何か良い本があったらもらおうとしていました。そのとき、『それでも神は実在するのか』という本を見つけたのです。興味のあったことだったので、夢中でその本を読みました。その本には科学の最先端国アメリカで、一流の科学者であるのにクリスチャンであるという人たちのインタビューが載っていました。そこには世界がどんなに素晴らしくできているのか、人間や動植物がどれほど「あり得ない」ような整えられた環境の中で生きているのかということが書いてありました。
 
 その本を読んで、世界を創った神さまというのは、本当にいるのではないかと思うようになりました。そして、聖書は私たちの造り主である父なる神さまが、自分の創造である人間を愛しているがゆえに、その罪から救うため独り子イエスさまを十字架につけたのだと書いています。人間を愛し、人間のために死んでくださる神さまは、この世界の中でたった一つしかありません。もし世界を創った神さまがいるのなら、その愛の神こそ真理だと確信しました。
 
 二年間お祈りなんて全くしなかった私は、そのとき二年ぶりに神さまに祈りました。「私にはあなたが本当にいるのかどうか分かりません。いるなら信じられるようにしてください」。祈り終えた瞬間に、なぜか神さまがすぐ近くにいるような気がしました。その時から今日まで、私は神さまの存在を疑うことなく、神さまを礼拝する者として歩んでいます。

(「きぼう」9月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 
 

そして未来へ次世代に繋ぐ
信仰の財産

財務局長 宮島 亮 

 
「あなたがたに神の言葉を語った指導者たちことを思い出しなさい。彼らの生き様の結末をよく見て、その信仰に倣いなさい。イエス・キリストは、昨日も今日も、また永遠に変わることのない方です。」(ヘブライ人への手紙13:7~8)

 教団財務局のご奉仕が与えられて、約半年が経過しました。財務局の仕事は初めてのため、財務局の主事や局員、教団委員の方々に、いろいろとご迷惑をおかけしてきましたが、何とかみなさんに支えられて、今日まで来ることができました。

 改めて言うまでもなく、教団の財産は、全国の教会からの尊い献金の積み重ねです。言い換えると、教団の長い歴史の中で築きあげられてきた、尊い信仰に基づく献金の積み重ねと、的確な資金運用がなされてきたからこそ、今の教団が成り立っているともいえるのではないでしょうか。このことを思う時に、改めて身の引き締まる思いがいたします。

 ところで、過去に今の教団の財務管理の基礎を築いてくださった方がおられます。彼はいつも教団の将来を見据えて、地道な資金運用のご奉仕を、極めて誠実に、熱意を持って取り組んでくださいました。資金運用はある意味でとてもリスクの多い面があります。その大変なご奉仕を、彼は教団の過去の歩みを振り返りつつ、今なすべきことを的確な判断力をもって取り組まれ、教団の将来を見据えながら、次世代に繋いで行こうという強い決意と信仰を持って、財務の基礎を築き上げてくださいました。しかし、教団のご奉仕を辞されてからしばらくして重い病を患い、67歳の若さで天に旅立っていかれました。最期は奥さまの歌われる賛美を聴きながら、もしもこの病が癒されたら、東京聖書学院で学び、故郷の青森・弘前の地で伝道・牧会をしたいという大きなビジョンを胸に抱きつつ、天に凱旋して行かれました。
 
 私たちの教団は、じつに多くの信仰の諸先輩の方々が築いてくださった、信仰の財産を受け継いで現在に至っています。今度は、今の私たちが次世代の方々にその信仰の財産を継承して行かなくてはならないと思います。

 コロナ禍で、私たちはある意味で身動きがとれない状況におかれているようにも見えますが、決して悲観的になることなく、昨日も今日も、また永遠に変わることのないイエス・キリストを仰ぎ見つつ、将来への信仰と希望を繋いで行こうではありませんか。

(「りばいばる」9月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
恐れるな、主が共におられる
 

信仰における
コンプロミッソということ

教団委員長 大前信夫

 

 

 「愛しているよ」というと、妻が答える。「口だけじゃダメよ。」ある日の私たち夫婦のやり取りです。もちろん、「言葉だけじゃなく、ダイヤモンドの指輪が欲しいわ」ということではありません(よね?)。愛するということは、言葉以上に行動することであり、日々の生き方につながっていると言いたいわけです。
  
 このように人と人を深く結ぶ関わりを、ブラジルではコンプロミッソと言います。この言葉は、辞書的には「約束、誓約、合意」ですが、それは約束に誠実であることを願う心と言えます。悲壮感がなく、自発的で、喜びに満ちたものです。犠牲と責任を負いますが、その苦労を苦労としません。そして、他の何よりも大切なこととして選ぶことを誇りとします。だから献身なのです。

 このコンプロミッソは、スポーツ選手たちの競技に打ち込む姿勢にも用いられ季聖会、ユースジャム2021がオンラインで行われました。私も説教者の一人でしたのでちょっと勇気をもって言いますと、その時に開かれた言葉は、あなたの信仰生活にチャレンジを与え、そのチャレンジに対する決断がなかったでしょうか。その決断が信仰の実を結ぶには時間がかかります。その決断を妨げるような出来事が起こるかもしれません。必ずしも周囲の人々の理解を得られるとも限りません。だから、コンプロミッソを覚えていただきたいのです。あなたの決断が何において、誰に対してのものだったのか忘れないでください。
 
 ブラジルで幼児期に移住された一人の老婦人にお会いしました。彼女は日本語も、ポルトガル語も学ぶ機会が与えられず、両語とも読み書きができませんでした。ある時、神と出会い、人生が変えられます。彼女は聖書を自分で読みたいと願い、文字通り六十の手習いで読み書きを学びました。私がお会いした時には耳がとても遠くなり、日本語の礼拝にも自由に出席できなくなっていましたが、聖書の言葉を何よりも喜びとし、神への信頼に堅く立っておられました。神の言葉を愛する彼女を神は養い続けられたのです。

「私が主に願った一つのこと、私はそれを求め続けよう。命のあるかぎり主の家に住み主の麗しさにまみえ、主の宮で尋ね求めることを。」(詩編27:4)
 

(「りばいばる」視9 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
 

学院デー申込QR

プロモーションビデオ  
 

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK