私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 島津吉成


 私たちの教団は、キリスト教の新教(プロテスタント)に属する教団で、全国に151の教会があります。
 「夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びが来る」。これは、聖書の詩篇30篇5節というところに記されているみ言葉です。夜の闇がどんなに深くても必ず明るい朝が来るように、神さまはどんな人に対しても希望の光を注いでくださると約束してくださっているのです。嬉しいことですね。
 ぜひ、お近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(私たちの教団の教会は、このホームページの中にあります「全国教会所在地」に掲載されています)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能
Youth Jam2021

日本ホーリネス教団の青年大会ユースジャム(YJ)の広報部です。 Youth Jamについてイベント情報、講師情報などを発信します。


対象:日本ホーリネス教団の中学校1年生(13歳)から39歳の信徒

総務局


「新型コロナについて」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてのお願い

(参考資料)

コロナ対策のためのNet配信

「7月豪雨災害について」

「7月豪雨」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げます。 

7 月3 日(金)から九州地方を中心に全国で豪雨、大雨が続いています。そこで、四国及び九州教区長に教区内の教会の被害状況を確認していただいたところ、教会も信徒の方々も被害はないとのことです。

(クリスチャン新聞記事)

 K元牧師 検証報告

宣教局


 

T&Mホームページ

 

現在ホーリネス系の教団教派を中心に受講者が与えられ、受講者1000人を越える勢いで日本中に広がっています。途中参加も可能で、すでに各地でLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。
①Level 1 Zoomセミナー
テキスト使用ライセンスを得るため
②Zoom実践セミナー
T&Mを始めておられる方々や導入を予定する方々へ
③コーチングZoomセミナー
T&M訓練を効果的に行うために

教育局


 

説教勉強会

   

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

聖書の光の注文

 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

10月

力は
弱さの中で完全に現れる

 
 人生には三つの坂があると言います。-上り坂、下り坂、まさか?-たとえどんなに人生がうまくいっていたとしても、まさかと思う時があるものです。このような時、人は驚き慌てふためいてしまい、自分の弱さを知ることでしょう。
 
 2020年、日本のみならず世界中が、正しく「まさか」と言える経験をしています。未知なるウイルスとの戦いで人々の心は恐れにより疲れ、経済的に困難を覚えている方も多いと思います。大きな試練を私たちは通っており、避けられない変化には不安を覚えるものです。そのような状況下では、私たちは無力さをどうしても痛感します。
 
 しかし、聖書は言います。「力は弱さの中で完全に現れるのだ」。つまり、私たちが弱さや無力さを覚える時にこそ、神であるイエスさまの力があらわれるということです。いったいこれはどういうことでしょうか?
 
 人は、物事がうまくいっている時は当然自分の力で進めようとします。その経験とプライドがあるので、下り坂の時でもなかなか自分以外の力に頼ろうとしません。でも、まさかという時にはどうしようもなく、わらにもすがる思いで何かに頼ろうとするのです。
 
 その時こそがイエスさまが働かれるチャンスです。なぜなら、イエスさまの力は、人が自分自身の弱さを覚え、頼った時こそ大いに発揮されるからです。それゆえ、弱い時こそ私たちは強いと言えるのです。さらにその力は、私たちに愛、喜び、平安といったものをもたらします。するとどうでしょう。自分の力で進む人生より、はるかに充実したものとなるのです。
 
 私たちは誰でも弱さを持っています。でもそのままで良いのです。弱いところにこそ、イエスさまの力が完全に働かれるからです。イエスさまはあなたが弱さを打ち明け、頼ってくるのを待っておられるのです。
 

(「きぼう」10月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 

 

「貧しくもせず、富ませもせず」

奉仕局長 佐藤 義則

 
 
 

私は二つのことをあなたに願います。
私が死ぬまで、
それらを拒まないでください。
空しいものや偽りの言葉を
私から遠ざけ、
貧しくもせず、富ませもせず
私にふさわしい食物で
私を養ってください。
私が満ち足り、あなたを否んで
「主とは何者か」と言わないために。
貧しさのゆえに盗み、
神の名を汚さないために。

箴言30章7~9節

 アグルという人の敬虔な祈りの言葉です。
 2つのことを願うというのですが、ひとつは、虚偽的なものから遠ざけということです。噓をつかないということもそうですが、あるがままの自分を恥じず、虚飾のない生活をするということです。もうひとつは、貧しくもせず富ませもせず、ふさわしい食物で養われることです。裕福になって霊的感性が鈍り、神を忘れてしまうことがないように。あるいは貧しくて物を盗み、神の名
を汚すことのないようにという、身の丈をわきまえた慎ましい祈りです。
 
 近年、トマ・ピケティというフランスの経済学者の著書『21世紀の資本』が話題になり、彼の考えに共鳴する政治・経済学者が、資本主義の暴走に歯止めをかけなければならないと警鐘を鳴らしています。その暴走が温暖化などの環境破壊を生み、経済のグローバル化が進んで個人や一国に富を集中して社会に歪みを生じさせ、国際社会においてはテロを、一国においては凶悪犯罪を生んでいるからです。その歯止めとは、できるだけ富を各個人・各国に拡散させ、自然にこれ以上の負荷を与えないものであれば、経済は低成長であってもいいという国際間の理解です。しかし、その呼び声もむなしくその暴走を止められない中で、今年のはじめに新型コロナウイルス感染が起こりました……。
 
 新しい生き方が求められている今日、私たちキリスト者は、神に造られたものとしてふさわしい人間の本来の生き方を、言葉で伝える以上に、身をもって証しする時代が到来しているのではないでしょうか。貧しくもせず富ませもせず、神を畏れ、他人に分かち与えることにこそ、人としての真の幸いがあることを、身をもって証ししてゆきたいと思います。

(「りばいばる」10月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
使命に生きる主のしもべ
―キリストの愛の中で、仕える喜びに生きよう―
  

私は新しいことを行う

教団委員長 島津吉成
 
 

「先にあったことを思い起こすな。昔のことを考えるな。見よ、私は新しいことを行う。今や、それは起ころうとしている。あなたがたはそれを知らないのか。確かに、私は荒れ野に道を、荒れ地に川を置く。」(イザヤ四三18~19)
 
 この御言葉は、バビロンに捕囚となっていたイスラエルの民に語られた、主からの御言葉だと言われています。

1.先にあったことを思い起こすな

「先にあったこと」とは、出エジプトのことです。主が紅海を2つに裂いて、そこに道を造り、彼らをエジプトから脱出させてくださったのです。その素晴らしい御業を思い起こすな、と言われるのです。どうも、このときの彼らは、「昔は良かったよね。神さまが素晴らしいことをしてくださった。でも、今は状況が違う。神さまは少しも働いてくださらない。私たちは見捨てられている」と言って、無力感と虚無感にとらわれていたようなのです。
 
 そのような民に対して、主は語られたのです。「ただ昔を懐かしむような思いで、先にあったことを思い起こすな。昔のことを考えるな」と。私たちも、「コロナの前はあれもできた、これもできた。でも今は駄目だ」と言って、先のことを思い起こしているとするならば、主は「思い起こすな。考えるな」と言われるのです。

2.私は新しいことを行う
 
 主は、「新しいことを行う」と言われます。「今や、それは起ころうとしている」とありますが、新改訳聖書はここを、「今、それが芽生えている」と訳しています。冬の間、枯れ木のようになった木の枝に、よく見るとすでに新芽が出ているのを見ることができます。コロナの後に、新しいことが始まるのではないのです。コロナの渦中にある今、主はすでに新しいことを始めてくださっているのです。すでに、新芽が芽生えているのです。「それを見なさい。見つけなさい。そして、それを育てなさい」と主は言われます。
 
 みんなで、主の新芽の発見ごっこをしてみませんか。コロナの状況の中で、こんな新しい働きが始まった、今まであの人の中に隠されていた賜物が発揮されるようになった、というようなことがありませんか。新芽ですから小さなことでよいのです。楽しく、柔軟な心で、見つけてみませんか。
 
 ちなみに、私の牧する教会では、教会会計のシステムと奉仕のあり方を、会計の専門的な知識がなくてもできるように、そして、もっとスピーディーにスムーズに行えるように改良中です。コロナが背中を押してくれたのです。

「確かに、私は荒れ野に道を、荒れ地に川を置く」と言われています。主が道を開いてくださいます。その信仰を持って進んで行きましょう。

(「りばいばる」視10 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
 
プロモーションビデオ  
【2021年度入学募集中】
第一回願書締め切り
  2020年11月19日(木)
第一回入学試験  
  2020年11月27日(金)
第二回願書締め切り
 2021年2月24日(水)
第二回入学試験  
 2021年3月4日(木)

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK