私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 島津吉成


 私たちの教団は、キリスト教の新教(プロテスタント)に属する教団で、全国に151の教会があります。
 「夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びが来る」。これは、聖書の詩篇30篇5節というところに記されているみ言葉です。夜の闇がどんなに深くても必ず明るい朝が来るように、神さまはどんな人に対しても希望の光を注いでくださると約束してくださっているのです。嬉しいことですね。
 ぜひ、お近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(私たちの教団の教会は、このホームページの中にあります「全国教会所在地」に掲載されています)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能

総務局

「7月豪雨災害について」

「7月豪雨」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げます。 

7 月3 日(金)から九州地方を中心に全国で豪雨、大雨が続いています。そこで、四国及び九州教区長に教区内の教会の被害状況を確認していただいたところ、教会も信徒の方々も被害はないとのことです。

(クリスチャン新聞記事)

「新型コロナについて」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてのお願い

LinkIcon【第13報】LinkIcon【第12報】
LinkIcon【第11報】LinkIcon【第10報】

(参考資料)

コロナ対策のためのNet配信

 K元牧師 検証報告

宣教局


 

T&Mホームページ

 

7月から第二回目のZoom によるT&M セミナーが始まっています。途中参加も可能で、すでに各地でLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。
①Level 1 Zoomセミナー
テキスト使用ライセンスを得るため
②ワンポイントZoomセミナー
T&Mを始めておられる方々や導入を予定する方々へ
③コーチングZoomセミナー
T&M訓練を効果的に行うために

教育局


 

説教勉強会

 
 

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

聖書の光の注文

 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

8月

嵐を静めるイエス 

 
イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。(マルコ4:39)
 
 新型コロナウイルス感染によって、私たちは世界的な嵐に遭遇しています。どうしてこんな事になったのだろう。これから将来どうなるのだろうか。健康・財政・生活において大きな不安の中にいます。医療従事者は最前線で懸命に働いています。私たち国民も自粛生活、予防をもって闘っています。それでもその猛威の波風は、私たちに打ちつけます。最善の努力の中でも、今、自らの無力さ、小ささを覚えましょう。
 
 恐れないでください。知ってください。どのような嵐も静めることのできるお方が、私たちの人生という航海の舟に乗っておられます。イエスに求めましょう。イエスは私たちの救いのために起き上がってくださいます。嵐の前に立ってくださいます。「黙れ、静まれ」と言われるイエスの声に耳を傾けましょう。誰かがではなく、何かの方策ではなく、イエスが私の人生の嵐を静めてくださいます。
 
 娘の出産の時に、妻は妊娠中毒という症状で、ひどく危険な中にありました。私は茨城におり、妻は出産のために大阪にいました。刻々と容態が悪化する中、側にいられない状況で、「イエスさま、助けてください」と何度も祈りました。「神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさら(ない)」(Iコリント10:13)と寝床で神が語ってくださり、妻にはイエスが側にいてくれるという平安が私の心を包みました。極小未熟児でありましたが、無事この世に娘は生を受けることができました。
 
 イエスに望みをおく者は、決して失望に終わりません。

 

(「きぼう」8月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 

ウィズコロナの時代を生きる

信徒教団委員 間室照雄
 

 新型コロナウイルスについて充分な情報がない中、感染防止の観点から三密を避ける必要が生じた。行事の多くは中止になり、礼拝もオンラインとなり、会議もZoomで行われるようになった。パソコンやスマホなどを媒体として、YouTubeなどの動画サイトにも触れる機会が増え、多くの人がいろいろな情報を共有する時代となった。
 
 かつてにぎわっていた町には、一時人々の姿が消え、ゴーストタウン化した。特に観光などのサービス業は打撃が大きかったようだ。今は規制が解除され、人出は徐々に戻りつつあるようだ。
 
 コロナ対策には何よりもコロナにかからない健康管理が必要であるという。ビジネス誌『プレジデント』の7月3日号には、自然免疫力が強調され、特集が組まれていた。それによると、食生活が大事であること、その次は腸内環境、ストレス対策、体温を上げる、運動をするなどが記されていた。
 
 よく考えてみれば当たり前のことである。目先の対策だけのことでなく、これを逆手に取った行動が必要ではないだろうか。また、新型コロナウイルス感染症は世界同時発生であるし、この影響は世界規模である。

 また、異常気象やバッタの大発生などが世界的な不況や食糧不足を起こすかもしれない。中国とアメリカの対立や中印国境での衝突、中東情勢など戦争の危機を想像するのに十分な条件さえある。世界的には失業が多くなり、不況のはずなのに、なぜか株価は回復している。国民一人一律10万円が支給されたが、この金はどこから来たのだろうか、実は借金である、世界中がこれをやっているのだ。

 都内の貸しビルは空き家になり、飲食店などのサービス業は低迷している。政府はV字回復をもくろんでいるが、そんなに簡単ではないと思う。
 
 三密を防ぐことが必要ということで、集会のやり方も伝道方法も賛美も変わるだろう。今こそそれぞれが主とつながるべきだ。そして終末に備えて、家族伝道に力を入れるべきだ。パソコンが使えない人は手紙もいいだろう。食事会も野外がいいのではないか、野外礼拝も可能だろう。
 
 集まることが制限されて、交わりの大切さも強く感じた。大勢で集まって共に賛美することの素晴らしさも再認識した。コロナは悪いことばかりではない。

「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです」(フィリピの信徒への手紙2章13節) 

(「りばいばる」8月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
使命に生きる主のしもべ
―キリストの愛の中で、仕える喜びに生きよう―
  

新しい生活に向かって

教団委員長 島津吉成
   

 列王記19章には、バアルの預言者との戦いに勝利した後、まるで燃え尽き症候群のようになってしまったエリヤの姿が書かれています。
 
1.休息
 
 エリヤは、「主よ、もうたくさんです」と主に訴えました。主はその彼に、睡眠と食べ物を与えてくださいました。「石焼きのパン菓子」と書かれていますが、きっと焼き立てで、いい香りもしたのでしょうね。こんなところにも、神さまの優しさを感じます。

 教会に集っての礼拝を再開している教会も多くなってきていると思います。でも、教会が感染の源にならないようにと、神経を使いながらの日々だと思います。それだからでしょうか、妙に疲れますね。「エリヤは起きて食べ、そして飲んだ。その食べ物で力をつけた」とあるように、私たちも適度な運動とバランスの良い食事と良き眠りに心がけ、長期戦になるかもわからない「コロナと共に生きる」歩みを続けていきましょう。
  
2.成功体験にとらわれない

 エリヤは神の山ホレブで主とお会いします。激しい風、地震、火の中に、主はおられませんでした。その後、「かすかにささやく声」があり、そこに主がおられたのです。バアルの預言者との戦いでは、主は天から火を降して、ご自身を現してくださいました。エリヤは今回も、そのような神さまを期待していたのかもしれません。しかし、バアルの預言者と戦ったときと、このときとでは状況が違っていたのです。

 私たちは今、新しい生活を作って行かなければなりません。そのとき、かつては良かったやり方であっても、今は変えた方が良いということも出てくると思います。そのとき、かつての成功体験にとらわれていると、柔軟に変えて行くことが難しくなってしまいます。主は「かすかにささやく声」で語りかけてくださいます。耳を澄まして、柔らかな心で、主の語りかけを聴きましょう。
 
3.新しい使命

 主はエリヤに、「エリシャに油を注ぎ、あなたに代わる預言者としなさい」と言われました。エリヤはこれまで、先頭に立って戦ってきました。でもこれからは、後継者の育成に努めるようにと主は言われたのです。
 
 エリヤはこのとき、人生の大きな危機に直面していました。「危機」は、これまでの生き方は今後は通用しない、新しい生き方に転換する必要があるというサインです。私たちは今、新型コロナウイルスのことで、大きな危機に直面しています。しかしそれは、新しい使命、新しい教会のあり方、新しい信仰生活のあり方へと転換していくチャンスのときでもあると思います。

 主は私たちに何を願っておられるのでしょうか。

(「りばいばる」視8 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
6月29日(月)~7月1日(水)
Z00M

プロモーションビデオ  

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK