私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 大前信夫

 私たちの教団はキリスト教のプロテスタント(新教)に属します。
それぞれのプロテスタント教会には独自の歴史と信仰の特徴があります。私たちの教会は「ホーリネス」を名称としていますが、それは英語で神の聖さを意味し、イエス・キリストを人生の主として生きる時に与えられるいのちの輝きを表そうとしています。

 かつて私は生きる意欲のない者でした。どんどん人を避けるようになり、新しい朝を迎えることも嫌になっていました。そんな私の人生にイエス・キリストは訪れ、神の愛を表してくださったのです。そして、このイエス・キリストとの出会いにより私の毎日が大切なものになり、たくさんの「驚くばかりの恵み(アメイジング・グレイス)」を経験させてくれました。
 ぜひあなたもお近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(教会の住所等は「全国教会所在地」をご覧ください)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。


 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能
Youth Jam2021

日本ホーリネス教団の青年大会ユースジャム(YJ)の広報部です。 Youth Jamについてイベント情報、講師情報などを発信します。


対象:日本ホーリネス教団の中学校1年生(13歳)から39歳の信徒

宣教局


 

T&Mホームページ

 現在ホーリネス系の教団教派を中心に受講者が与えられ、延べで1300人を越える勢いで日本中に広がっています。T&M実施教会も50教会以上になりました。
聖書的で健全な教会を目指すT&Mは、内向きの体質から外向きの教会へと教会を刷新します。教団教派を越えて全国から救いの喜び声が続々と集まっています。
 教職だけでなく信徒の方々も多数参加されています。途中参加も可能です。すでにLevel1セミナー又は、コーチングセミナー受講されて登録されているセミナーは無料参加可能です。リピーターも増えて各セミナーは常時40~60名になっています。
アフターコロナに備えて、あなたも参加してみませんか。

セミナーの新しいセッションが
9 月から始まります

第5回T&MLevel1
Zoomセミナー

T&Mの全体像を知っていただくために
毎週火曜午後7時30分〜9時
9月7日~11月30日
全13セッション

第8回T&Mワンポイント 
Zoomセミナー

  T&Mの実践的な内容の紹介と
テキストの使用方法などを紹介します
毎週金曜 夜7時30分〜9時
9月3日〜24日
全4セッション

第4回コーチング
Zoomセミナー

魂の導きと育成のために
毎週金曜夜7時30分〜9時
10月1日~11月26日
全9セッション
 

教育局

 


説教勉強会

   

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

毎回のテキストに四コマ紙芝居が入りました。

聖書の光の注文

 
 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 
 

 

真の神が 忘れないことと 忘れてくださること

 
私はあなたを忘れない。(イザヤ49:15)
 
 先日、孫が生まれ私もおじいちゃんになりました。その私は、物忘れが増え困っています。忘れてよいこともあります。忘れてよいことは忘れ、忘れて困ることは覚えていたいです。皆さんはいかがでしょうか?
 
 新米ママの娘が、おむつを替え、抱き、日中はもちろん夜中も三時間おきにミルクをあげる姿を見ています。彼女は自分のことを二の次にし、我を忘れるかのように、我が娘に全存在をかけて愛を注いでいます。聖書の中に、次のような言葉があります。「女が自分の乳飲み子を忘れるだろうか。自分の胎内の子を憐れまずにいられようか。たとえ、女たちが忘れても私はあなたを忘れない。見よ。私はあなたを手のひらに刻みつけた」(イザヤ49:15~16)。真の神さまというお方は、神の民を決して忘れません。なぜなら、自らの手にその民の名を刻んでいるからです。
 
 聖書に自らを現わしているこの真の神は、あなたのことも忘れることはありません。「二羽の雀は1アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている」とあります。あなたは知られ、あなたの名も神の手のひらに刻まれているから忘れられないのです。
 
 いつどこであなたの名を神は刻んだのでしょうか。それは、神のひとり子救い主イエスがかかられた十字架上であります。復活した主イエスの手のひらには未だに傷跡が残っています。真の神が忘れないことは、まさしくあなたのことです。
 
 では、忘れることはなんでしょう。「主の仰せ。私は彼らの過ちを赦し、もはや彼らの罪を思い起こすことはない」(エレミヤ31:34)。そうです。悔い改める人間の罪を忘れてくださるのが真の神であります。
(「きぼう」7月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 
 

神の言葉はつながれていません

宣教局長 中道善次

 東京聖書学院修養生のとき、私が夏期伝道に派遣された教会の先生から、「絵はがき」をいただいたことがある。コンクリートの壁を背にして座る囚人パウロの姿が描かれていた。手や足に鎖がつながれている。その絵の横に、「しかし、神の言葉はつながれていません」(Ⅱテモテ2:9)の聖句が記されていた。パウロからのメッセージを聞いた思いがした。
 
 昨年から今年にかけて、私たちは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた。会堂に集まる礼拝を何度か中止した。もちろん、地域により緊急事態宣言発出の回数が異なり、コロナ対策の方法もさまざまである。

 私たちの教会(茅ヶ崎、鵠沼、秦野)では、昨年度、首都圏に出された2度にわたる緊急事態宣言の期間、20回の主日礼拝をオンラインのみで行った。礼拝はオンラインで続けられても、どうやって伝道したらいいのだろう?」、そのような歯がゆさを覚えていた。

 しかし、コロナ禍にあっても、主なる神ご自身が宣教のわざを進めてくださる。

 冬のある主日の朝、茅ヶ崎教会の会堂でその日に配信する礼拝の録音を終えた。自宅に戻ろうとするとき、一台の自動車が駐車場に停まっていた。「誰がこの時間に自動車を停めているのだろう」。そこには、コロナ禍で礼拝を中止しているのに人が来るはずがないと思い込んでいた自分がいた。自動車の中には、2人のお子さんを連れた女性がいた。「教会学校に子どもを連れて来ました。私はクリスチャンではありませんが、子どもの教会はやっていますか?」と問われた。「今はZoomで教会学校を行っています。もうすぐ始まります。Zoomを使えますか」と尋ねた。女性は、「Zoomはやったことがないので帰ります」と言われた。私は、「せっかく来られたので、20分だけですが、お子さんのために集会を持ちます。どうぞ教会の中にお入りください」と案内した。先に自宅に戻っていた娘たちを呼び戻し、ギターを弾いてもらい、賛美を歌い、聖書の紙芝居を読んだ。彼らはそれからずっと続けて教会学校に来ている。

 コロナ感染拡大で会堂の礼拝を中止していたとき、神は教会学校に子どもたちを送ってくださった。「神の言葉はつながれていない」というパウロの言葉を思い出した。神は今もご自身の宣教のわざを進めておられる。

(「りばいばる」7月号)

  

「りばいばる」アーカイブ
恐れるな、主が共におられる
     

偉大な自然に神を思う

教団委員長 大前信夫

  
 高齢の教会員が教えてくれました。「福島じゃあ吾妻山に雪うさぎが見えると種を蒔くんだよぉ。」

 福島市の西側に吾妻連峰がそびえていますが、春になるとその雪がとけ始めます。そして、吾妻小富士の山肌に残る雪形がうさぎのように見えてくる。だから雪うさぎなのです。かつてこれが見えると苗代に種を蒔いていたことから、「種蒔きうさぎ」とも呼んだそう。雪うさぎ、何とも微笑ましい名前です。
 
 自然は美しく、恵み深いものです。福島市の気候は盆地特有の気温の大きな変化が特徴的で、日本有数の果物の生産地にしました。多くの花が生活を彩ります。自然は人に喜び、豊かさを与えてくれるのです。でも自然は人の思い通りになりません。その厳しさは人を打ちのめすこともあります。一昨年の台風では、教会近くの川の堤防も一部崩れました。ようやく改修が終わったばかり堤防を歩きながら、この自然の大きさと不思議を詩編の言葉とともに思いました。

 「あなたの指の業である天を、あなたが据えた月と星を仰ぎ見て、思う。人とは何者なのか、あなたが心に留めるとは。人の子とは何者なのか、あなたが顧みるとは。」(詩編八4~5)
 
 この詩人は夜空を見上げています。そして、輝く幾多の星を見つめながら、神の創造の偉大さと巧みさに心捕らえられます。この偉大な自然への感動は、神への賛美となり、驚きとなりました。それは、この賛美のことばを幼子、乳飲み子に与えられたことでした。知恵や力のある人ではなく、いと小さく、弱き人に、神はその偉大な働きを知らせてくださいます。主イエスが「子どものようにならなければ」と言われた通りです。
 
 詩人にとって、この神はあまりに不思議なお方でした。指のわざと言うように、その創造のわざは非常に巧みなものです。しかし、創造の偉大さやその巧みさ以上に、神が小さな人に心を留め、顧みられることこそが不思議でした。人は神の目に貴いのです。だから、神は人をその価値にふさわしく扱われます。この不思議に、詩人はただ神を賛美するのでした。

 新型コロナウイルスにより、私たちは振り回されました。でも幸いコロナワクチン接種も始まりました。この混乱もきっと収束へと向かうでしょう。けれど毎年のように繰り返される自然災害はどうでしょうか。この先を誰も見通すことはできません。それでも「恐れるな」と語られる神は、何があってもあなたを心に留め、顧みておられます。だから「主よ、我らの主よ。御名は全地でいかに力強いことか」と歌うのです。
 

(「りばいばる」視7 月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
配信後もしばらくの間、
以下のURLにて視聴できます
聖会Ⅰ
司会 松本 順牧師
説教 大前信夫牧師

聖会Ⅱ
司会 松烏信人牧師
説教 佐藤信人牧師
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

【新着ホームページ】
住所変更
豊島区東池袋1-20-10
としま区民センター 
 
プロモーションビデオ  
 

 

災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


【キャンプ申込書2019】
 
【ニュースレター】
【報告類】

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK